BIOgraphy





Director - TAKCOM





​Using motion graphics and VFX as a backbone, TAKCOM is a visual artist

who embraces state-of-the-art technology and any expression

that accurately represents the current times,

and uses sci-fi and technology as motifs in his works.

To put everything into his own prospective, on the contrary to his vision

TAKCOM studies the most primitive movements, color, shapes, images and the fundamental rhythm of time to create experiences that cannot be easily replaced with words.

数十カ国のフィルム/アートフェステイバルやエキシビジョンへの

参加/作家招待等を通じて、国内外から高い評価を得る。

主にモーショングラフィックやVFXをバックボーンとし、

先端技術や時代性を伴う事象に呼応した表現と同時に

ハイテク、SF、未来的なモチーフを扱いながら活動してきた映像作家。

そのビジョンが射程に置くのは、それらとは相反するような原始的な動き/色や形のイメージ、

根源的な時間のリズムを用いて、言語で容易に変換することのできない体験の想像。






Music - RAMZA



​RAMZA is Nagoya based 'most strange' beat maker/producer/collage artist.

Having HIP-HOP at its core, beat evolution, extending like an ameba

as it absorbs different kind of music, is engraved here.

Neither ARCA, Flying Lotus, Sun Ra.

Certainly there are influences of this age and its synchronicity, and roots.

There is no definite rule for both sounds and pictures on his concept.

You can feel smell of blood and iron from his sound, just only euphoria there.

RAMZA finally release new album called "Pessim".

名古屋を拠点とするMOST STRANGE.

ビートメイカー、コラージュ作家。

音、絵、共に明確なルールは存在しない。

血と鉄の匂い。そして涙がある。誰かがそう言った。

メッセージは無い。そこにあるのは陶酔だけ。


2014年、盟友Devecly BitteとのスプリットEPをRemixerに

DUB-Russell, Free babyroniaを迎え『+MUS』からリリース。

Campanella, C.O.S.A.×Kid Fresino等、数々のラッパーへのビート提供など、

その音像で話題を攫った。

コラージュ作家として、2016年、盟友risa ogawa, Yukio Rodriguezと共に、

『一絲 / 喪失 / 東雲』を開催。

作品販売から、気まぐれで産生されるZINEなど活動は多岐に渡る。